金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

趣味は、美術館巡りです。 2

さて、国立新美術館で開催中の「ルーブル美術館展」を初日に早速観に行きました。
副題に、風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄(!)とつけられた、たいそうなテーマの展示ですが、気軽に観られる展覧会でした。
目玉は、フェルメールの初来日作品「天文学者」。日本の展覧会では、絶対に入り口と第1室が劇混みになります。几帳面に初めから見ていく日本人の気質なんでしょうか。。娘が嫌にならないように、最初に会場中程にある「天文学者」をみました。まだ人気もまばらで、単眼鏡を使ってじっくりみられました。天文学者が着ている服は、日本の着物なんだよ。と娘が教えてくれました。その頃、日本は鎖国していたから、どうやってこの人は手に入れたんだろう…とも話していて、どうやらテレビで情報を得たようなのですが、絵を観るかぎり、絹で出来た、何だか長い半纏のようにも 見えました。日本の着物が珍しく、恐らく絵を見て作ったのではないでしょうか。。この頃、インテリや上級階級の間で、流行っていたのだそうです。
さて、そのまま、一番最後の部屋まで進むと、案の定ガラガラで、19世紀からみていきました。私が印象に残っているのは、ヴァトーの小品。18世紀の部屋には、フランスのブーシェ、フラゴナール、イギリスの新古典主義のゲインズバラ、など優美な絵が展示してあったのですが、ヴァトーの女性の後ろ姿、ゆったりとしたローブの襞の表現力は、凄いな…と思いました。顔が描かれていないのに、優雅な雰囲気が伝わってきました。
恐らく暴行されただろう少女の絵「割れた水瓶」は、一種の戒めのようなテーマの絵画で、娘には何て説明しようかと思ったのですが、娘は、少女のあどけない顔が可愛いと言っていました。
娘は、猿が画家の扮装をした作品を気に入っていました。いつの時代も同じ様な事を考えるのだな…と思います。作品としては可愛らしいですが、動物にしたらよい迷惑かと思います。。
ムリーリョは、17世紀、当事黄金期を迎えていたスペインの画家で、霞がかったような、優しい雰囲気の作品を描いていて、物乞いの少年が蚤を採っているなんて、ちょっとテーマとしてどうかしら?と思うような作品なのに、その少年が可愛らしくユーモアのある作品になっています。
今回、興味深かったのは、風俗画という概念は、実は古代ギリシャローマ辺りからあって、壷などの装飾に描かれていた…と示していたところです。そういわれてみたら、確かにそうだわ…と思ったのですが、娘は、古代の作品にはあまり興味を示さなくて、さらっと見て終わりました。

今回は、時代を遡って作品を観ていきましたが、それもなかなか面白かったです。
で、風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄という、副題にある「真髄」については、ヨーロッパ絵画の根底には、常に人間というものへの追及があった、と表現したかったのでしょうか…。
ほどほどに有名な作品が揃った展覧会でありました。<
a0159795_04170447.jpg
br>

by choco-co-co | 2015-02-26 07:22 | 訪ねた所

カップケーキ屋さん

a0159795_8562138.jpg

伊皿子坂を上り切った先に、赤いファサードか見えてきます。
大福屋さんの松島屋さんの近くです。
カップケーキが流行っているのかどうか、分からないのですが、昨年、表参道に新しく出来たカップケーキ屋さんに行ってみたら、ピンク色の可愛い店舗に、パステルカラーのクリームが乗ったカップケーキが並んでいて、どれを買おうか迷ってしまったのですが、聞いたらバタークリームだと知って、ちょっと引いてしまいました。私が小さい頃は、バタークリームのケーキがよくあって、あまりよい印象がないのです。でも、いくつか買って帰ると綺麗だし、娘も喜んでいました。

伊皿子にある「Bellas」は、評判が良さそうだったので、行ってみました。
小さなお店で、女の人が一人で切り盛りしていました。オーナーは、イギリス人の女性で、時々来日するのだそうです。やはりクリームはバタークリームですが、チーズクリームというのもありました。
カップケーキというのは、見た目が可愛いので、お土産に良いかも知れません。
(持って帰る途中で、クリームを多少崩してしまいました(涙))
1個400円。
私のような人間には、持ち運びに気を使わない、コージーコーナーのシュークリームで充分かな…と思います。←結局、ここに戻ってくる。。
a0159795_10132412.jpg

by choco-co-co | 2015-02-24 08:54

光琳アート MOA美術館

今年、根津美術館所蔵の燕子花屏風とMOA美術館所蔵の紅白梅図が一緒に展示されます。
a0159795_7584533.jpg

巡回展示ではなくて、根津は中世から近世辺りまで、MOAは、近世から現代までの琳派に関連する美術品を展示するのは、斬新な試みかと思います。
一足先にMOA美術館で紅白梅図、燕子花が向かい合って展示されています。燕子花屏風は、毎年根津美術館で拝見しているのですが、根津で修復後に見たときに、キンキラキンに見えたのは、照明のなせる技だったと分かりました。今回、MOAで見るとそれなりに草臥れた風情で、根津の改装前に見ていた雰囲気そのまま、少し安心しました(笑)となると、紅白梅図は、大変状態がよくその美しさに引き込まれました。中央に配した、大胆な川のせせらぎ、それとは対照的に左右に配した梅の枝は、繊細に描かれています。
写実とデザインの融合と言ったら良いのでしょうか…。
次回、根津美術館までお疲れのないように。。

さて、展覧会では近代、現代アートがなかなか良くて。特に福田平八郎の杜若、以前山種美術館でみられなかった、「漣」を見る事が出来ました。杜若は、葉を描くのが難しいのだろうな…と思います。何だか画面がごちゃごちゃした感じになってしまうところ、光琳の燕子花は花の印象が深く、すっきりと描かれていて、流石!といった感じですが、福田平八郎の杜若は、葉っぱが沢山描かれているのですが、こちらもすっきりとしていました。
他の作品では、加山又造の鶴の銀屏風が印象的で、その加山又造に支持したという、村上隆の銀屏風は、ヴィトンのモノグラムがルイヴィトンの「L」字にバランスよく配されていて、お馴染みのニコちゃんマークやどこまでも真面目にふざけた作品を作るあたり、凄いな…と思いました。
そして、今回、会田誠氏の作品を初めてみたのですが、(これまで、ちょっと敬遠していて、六本木の展示にも行かなかったのですが…)うわ、上手いな…と思いました。女子高生を配した屏風にはキティやらミッキーやらもいて、女子高生たちは楽しそうなのに、作品全体には、どこか不安な雰囲気があって、見ているこちらまで不安になってしまいました。
a0159795_10551312.jpg


会場内では、こんな立派なパンフレットを無料で配布していました。
a0159795_1054447.jpg

a0159795_10551221.jpg

さすが…。
a0159795_10564030.jpg

海を見下ろせる、清潔で綺麗な美術館ですが、入り口から会場入り口までのエスカレーターにちょっと辟易してしまうんですよね…
お陰で、バスに乗り遅れてがっかりしてしまいました(涙)
by choco-co-co | 2015-02-23 10:30

趣味は、美術館巡りです。1

ある日、娘が「パスキン展」のポスターを指差して、この展覧会に行ってみたい、と言いました。
「ママに散々展覧会に付き合わされて、展覧会に行くのは嫌になったんじゃないの?」
と言うと
「卒業文集で、趣味は、美術館巡りと書いたから、これからは、美術館に行く事にした」
と、非常に短絡的な答えが返ってきました。
なので、このところ、娘と美術館巡りをしています。

「ベスト・オブ・ザベスト」
ブリジストン美術館

日本橋にある、ブリジストン美術館が、改装工事に入る前の展示。
この美術館は、若い頃にはよく足を運んだ美術館です。印象派の作品のコレクションで有名。かつて、モネの展覧会の時は、とても混みました。私が印象に残っているのは、モンティセリとヴァロットンの版画の小さな展示とマティスの展覧会です。
今回は、長く閉館するようで、ブリジストン美術館の名品展でしたので、娘にも見せたいと思いました。
モネ、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソ、ブラック、抽象画などが、コンパクトに展示されていました。
a0159795_9113665.jpg


パスキン展
パナソニック汐留ミュージアム

学校にポスターが貼ってあって、興味を持ったのでしょうか…
珍しく、娘が自分から行ってみたいと言った美術展です。
パスキンは、目黒美術館でみたエコール・ド・パリの展示が記憶に残っています。輪郭のないぼんやりとした色彩ながら、煌めきがあって、人物の息遣いが聞こえそうな画風です。
パスキンは、本名ピンカスのアナグラムで、エコールドパリの画家たちがそうだったように、彼もブルガリア人で、パリに集まってきた異邦人の一人でした。エコールドパリは、フジタやキスリング、ローランサン、スーティンと私が好きな画家たちも多く、画風は違うのですが、似たような雰囲気があります。
エコール・ド・パリとは、印象派のような~派というものではなくて、20世紀初頭のパリの雰囲気を感じさせる言葉です。この頃にはアールデコの装飾も盛んでした。
娘は、神妙な顔つきで1枚1枚見ていて、やはり子供を描いた作品に心惹かれたようでした。
a0159795_71603.jpg


美術館巡りは続きます。。
by choco-co-co | 2015-02-22 08:46

デニーズのパンケーキ食べ放題

一度行ってみたかった、デニーズのパンケーキ食べ放題。
店舗によってまちまちらしいのですが、平日15時~18時の間やっています。大人980円、小学生まで500円。
一皿に2枚パンケーキがのっています。最初のお皿にだけは、アイスクリームがつきます。子供は、飲み物飲み放題。大人は1杯だけお好みのドリンクがつきます。
a0159795_2213541.jpg

私は、3枚でギブアップ。娘は、7枚平らげて、大変お得でした!7才の姪っ子は、一皿も食べきれず…。
ちょっと勿体ない感じでしたが、ホイップクリームを沢山載せて、ご満悦でした。パンケーキは、割合厚めで美味しかったです。ホイップクリーム、ジャム、メープルシロップなどのトッピングは自由に出来ます。
時間制限はなくて、6時過ぎるとひっそりトッピングが片付けられていました。
by choco-co-co | 2015-02-20 21:56 | お気に入り

ねこはしる

工藤直子さんの講演会に、娘と行ってきました。
今、「のはらうた」を知らない子供はいないと言って良いくらい、小学生の間では有名な方です。
講演会にも、沢山の小学生が参加していて、「かまきりりゅうじ」とか「からすえいぞう」などの名前が飛び交っていて、工藤直子さんは、今年80歳になられるようなのですが、みずみずしい感性をお持ちでやんちゃな子供たちとも、対等にわたりあっていらっしゃいました(笑)
私にとって、工藤直子さんは、「ねこはしる」で、工藤さんが講演中、自分の代表作が「てつがくのらいおん」「のはらうた」ばかりなのが腑に落ちない、「ねこはしる」ってのがあるんだけど…とおっしゃっていて、「!!!」と思い、後のサイン会の時に持参した「ねこはしる」 を取り出して「私は、この本大好きなんです。特に最後、たしかに…とあるところでは、涙が出てしまいます」とお話すると「たしかに…のところでは、私も書きながら泣けてきたわ」とおっしゃって、この物語は大切な愛猫が死んでしまって、1年ぐらいペットロスになってしまった時にお書きになった事など話してくださいました。ランという猫と魚の友情物語です。
友達の話だと、「ともだちは、海のにおい」「ともだちは、緑のにおい」も好きです。何が好きかって、題名の響きが良いです。
工藤さんは、もともと広告代理店でコピーライターをなさっていたから、言葉に対する感覚が鋭いのかと思います。言葉というのは、たった一文字で意味が変わってしまうものだ、と言うことも話されていました。

「かまきりりゅうじ」や「からすえいぞう」「こぶたはなこ」などという、素敵な名前を考える工藤さんが、娘の名前を誉めてくださったのは、とても嬉しかったです。
「二文字それぞれ、植物の名前なのね~いいわね~」と言われて娘も顔がほころんでいました。
明るくて、ハツラツとなさっていて、本当に素敵な方で、元気をいただきました。
a0159795_9462192.jpg

by choco-co-co | 2015-02-20 09:02

東京タワーに階段で…

登ってみました。
500段以上。まだまだ体力ありそうです。
a0159795_1330119.jpg

a0159795_13304643.jpg

a0159795_13312430.jpg

折角なので、記念撮影。
認定証もいただけます。
a0159795_13322280.jpg

スカイツリーよりシンプルな作りで、昭和生まれの私には、シンボル的な存在だし、馴染みます。
a0159795_13335461.jpg

初めは子供たちだけ行かせるつもりが、展望台まで一緒に来てしまいました。
子供たちは、その上の大展望台まで行っています。
by choco-co-co | 2015-02-14 13:28 | 訪ねた所

呉爛学 オ・ビョンハク展

紹介していただいた展示を観に行きました。画家は、北朝鮮生まれの在日韓国人の方で御年91歳。戦中戦後と日本で過ごされ、大変なご苦労をなさったようです。
在日であるためか、日本ではなかなか紹介される機会に恵まれず、私も初めて拝見しました。
a0159795_17453763.jpg

韓国の民間に伝承されている舞踊を描いた作品と、李朝白磁を描いた作品が展示してありました。
白磁を描いた作品は、迫力があり存在感があって、印象的でした。
パンフレットにある、舞踊の作品を見たいと思って訪れたのですが、大作で人物の動きを大胆に、でもしっかりと描いてありました。
静物画や、背景に何も描かない人物画は、セザンヌを思い起こします。それもそのはずで、呉氏はセザンヌを敬愛していて、フランスに行って、かつてセザンヌが描いたであろう風景を描いていました。
ただ、画風は似ていますが、決して真似ではなく、自らの世界観を確立しています。
迫力があるのに、家に飾っておいていつまでも眺めていたい絵でした。
by choco-co-co | 2015-02-06 17:35 | 訪ねた所

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧