金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

初釜

知り合いに誘われて、娘と宗和流の初釜に参加しました。
a0159795_5514367.jpg

私は、二十年以上前に三千家のうちの1つの東京道場にかよっていたのですが、どうも自分にはお茶は合わないな…と感じていました。私にとっては、久々の茶席で、娘にとっては、初めての茶席でした。
a0159795_6162372.jpg

先に、別室で花びら餅をいただきました。娘は、牛蒡を見て驚いていました!
そして、手と口を清めて、お濃茶席へ。
a0159795_6174015.jpg

a0159795_6181128.jpg

茶入れがひょろ長いので、
珍しいな…と思いました。松平不昧が出雲で焼かせたもので、雪月花と書かれた三種類の箱が付いているのだとか。その箱が洒落た作りなのだとか。松平不昧は、箱に被せる和紙まで特別にすかせたり、普通では考えられない程の神経を遣うコレクターでもありました。
お茶碗は、仁清の写し。金森宗和は、野々村仁清を指導し、育てたのだそうです。。
お濃茶をいただくのも娘は初めてで、たいそう驚いていました。
和やかに会が進んで、次はお二階のお茶室へ。。
a0159795_1465739.jpg

a0159795_1474257.jpg

お薄をいただきました。
a0159795_14872.jpg

お菓子は、未の字が刻印された小さい黄身餡と富士山模様の羊羮。
a0159795_14101011.jpg

お茶碗は、朝香宮様から拝領したものだとか。
そして、仁清の写しのお茶碗も綺麗でした。
a0159795_142050100.jpg

大徳寺の和尚様が書かれた「羊」。
ウールマークの落款があって、お茶目です。

そして、また下階に移動して点心をいただきました。
a0159795_1423524.jpg

お節料理をアレンジした、とても美味しいお料理でした。碗物にも感激しました。茎ぶどう、ゆず、粟が入った美味しいお椀でした。
床の間に、私好みの飾りがしつらえてありました。
a0159795_14332361.jpg

先代のお家元の奥様が編まれたそうで。。宗和流は、元来口伝でお作法が伝えられていて、でも、この編み方は、奥様が亡くなった今では、誰も知らないのだそうです。。
儚さが加わって、さらに美しく見えました。

正座を心配していた娘も楽しい時間を過ごしたようです。
和やかで気持ちの良い半日でした。

by choco-co-co | 2015-01-25 05:49 | 訪ねた所

水曜日のアリス

行列のできるお店が多い原宿に、またもや、行列のできるお店が…。
早速並んできました。
朝9時半に明治通りのラフォーレ側を渋谷方向に暫く歩くと、既に行列が出来ていました!
10時から整理券が配られて、11時半~12時入店の件をゲット出来ました!
水曜日のアリス
a0159795_13401659.jpg

背の低い私でも屈まなくてはならないような扉をくぐってお店の中に入ります。
一階から三階まであって、自由に行き来出来ました。三階が雑貨、二階がアクセサリー、一階が食品といった感じです。
a0159795_13424921.jpg

a0159795_1344348.jpg

a0159795_13433921.jpg

写真は撮っても良いようで。
狭くてごちゃごちゃしていて、私好みの雰囲気でしたが、娘が大層喜んで、一階から三階までをなん往復もして、くまなく見ていました。
a0159795_13462122.jpg

実は、この日娘は、アリス模様の洋服を着て、バッグまで持って気合いが入っていました。写真に写っている巾着は、今回お店で買いました。
私がとても気に入って購入したものは、大福の記事の写真に写っています!
商品が可愛らしく、お値段が割合リーズナブルだな…と思ったら、300円SHOPの姉妹店のようでした。娘のお小遣いで買えるものが沢山あるので、また行きたい!今度はママと一緒ではなく、一人で行きたい!と言われてしまいました(苦笑)最近、だいぶ嫌われていて、その理由は、ママは、言動がオバサンだから、恥ずかしい、、とのこと。
確かに、否定はいたしません!オバサンというか、おばちゃんになった今が一番生きやすくなったのは確かですので…。

ついでに、こちらにも並びました。
a0159795_13595713.jpg

カシューナッツとコンビになった、キャラメル味のポップコーンが美味しかったです。

何10年かぶりに、竹下通りにも行ってみました。娘、初竹下通りでしたが、あまり好きではなかったようで…。

ASOKO、タイガー、は並ばずに入れたのですが、今回は控え目にお買い物。

帰りは、原宿駅から少し路地裏に入ったギャラリーで、フェルト作家の作品を観ました。手のひらに乗るサイズの可愛い動物が並んでいました。私が気に入ったのは、ロバがらみで作られた、老婆のお人形。小さな木靴に座って休んでいました。。
a0159795_15394025.jpg

a0159795_1539976.jpg

よく歩いて、並んだ一日でした。
by choco-co-co | 2015-01-23 13:32 | 訪ねた所

松島屋の大福

「大変申し訳ありませんが、本日分の大福は売り切れました」
と手書きの張り紙をみて、1度目はがっかりと帰ってきた大福屋さん。
お店の奥には、沢山の大福が並んでいたのだけど、全て売り切れてしまっているようで。。
悔しいので、電話をして予約をしてようやく買うことが出来ました。
食が細くなった母も1つペロリと平らげてしまったほどです。
餡は粒がたっぷり入ったつぶ餡。
皮はぎゅうひのようなもっちりした感じではないのですが、つぶ餡と相性が良くて。
吉備餅で包んだ大福があるのが、ここの特徴かもしれません。
a0159795_12384430.jpg

1つ170円
豆、草、吉備の三種類あります。
by choco-co-co | 2015-01-23 12:20 | お気に入り

ペリカンのロールパン

今日、職場の方に
「○○さん、ちょっと良いですか?」と呼び止められて、何かしでかしてしまったかしら…とドキドキしていると、
「ちょっと遅くなってしまったけど、お年賀です」
と紙袋をいただきました。
ちょっと触ってすぐにペリカンのパンだと分かりました。
年末に、ペリカンのパンの話になって、その方が近所にお住まいで、昨日の朝、通りかかったら、幻のロールパンが売っていたので、買ってきてくださったのです。
幻の…なんて、大袈裟かと思うかもしれませんが、空也の最中なみに、いつ行っても売り切れで。どうやら、予約販売で完売してしまうのだそうです。昨日は、珍しく売っていたので買ってきてくださったのです。私は、ペリカンは食パンしか食べた事がなかったので、大変有り難くいただいてきました。
そして、家に帰って早速いただきました。きめが細かくて、もっちりした食感、メゾンカイザーとは違った素朴だけどしっかりした味わいの美味しいパンでした。
a0159795_20471348.jpg

嬉しかったので、ブログにUPしました。有り難うございました。。
by choco-co-co | 2015-01-15 20:31 | お気に入り

ブルックリンジャー

元来、コレクション癖があるのでガラス瓶などは沢山保管していたのですが、引越しの際に大分処分しました。中にBallの蓋付きの瓶もあって、分解出来る蓋は、しっかり密封出来て便利だったのですが、蓋の部分が錆びてしまっていたので処分したら、最近、この瓶にサラダを詰め込んだり、ジュースを入れたりして利用するのが流行っているようで…。私は、珈琲をいれていたのですが、捨ててしまってちょっと残念~と思っていたら、ミスタードーナツで同じようなjarとドーナツのセットが売り出されました。
なので、早速購入。
蓋は二個付きで、1つには真ん中にストローがさせるような穴が開いています。瓶にジュースをいれて、そのままストロー差して飲む、というのは、意外な使い方です。コップのように直接口を付けないのがミソ。
それだと、何だかお行儀が悪い感じがするのに、ストロー差して飲むとちょっとお洒落?!になるわけです。流行りっておもしろいです。。
a0159795_8175256.jpg

by choco-co-co | 2015-01-15 07:52 | お気に入り

映画という郷愁

昨日のニュースで、女優のアニタ・エクバーグが亡くなったと知りました。20年以上前になりますが、やはりスウェーデンの女優グレタ・ガルボが亡くなったというニュースを聞いて、まだ存命してたんだ!と軽い衝撃だったのですが、今回のアニタ・エクバーグも、マルチェロ・マストロヤンニが亡くなって大分経つし、グレタ・ガルボと同じような衝撃があったのですが、久しぶりにフェリーニ監督の「甘い生活」を思い出しました。ガルボもエクバーグもそうですが、私は北欧の大柄な女優さんに惹かれます。端正な美人ではありませんが、ダイナミックで素敵だからです。
「甘い生活」のトレビの泉のシーンはあまりに有名ですが、エクバーグが子猫と戯れているシーンもとても印象的です。
さらに、「インテルビスタ」で、白いシーツに、その若き日の自分の美しい姿が写し出され、マルチェロ・マストロヤンニと観ながら、ホロリと泣くシーンは、忘れられません。確か、マルチェロ・マストロヤンニは、エクバーグに「君は今も美しいよ」と囁くのですが、若さからはほど遠く、かなりふくよかになったエクバーグが、昔を懐かしんだのか、或いは女性として年老いてしまった自分の姿に哀惜の念を感じたのか…映画を観た当時、私は若かったのですが、エクバーグの気持ちが分かるような気持ちがして、同じ傷みを感じたかと思います。
フェリーニは、度々映画の中で映画を使うのですが、「そして船はゆく」の中でも、沈んでゆく船の中で、亡くなった歌姫のフィルムを流し続け、大変な状況にも拘わら
ず、涙する青年のシーンがあり、印象に残っています。
映画というのは、時を閉じ込めておける唯一の手段だなあ…と感じます。
「ニューシネマパラダイス」という映画のラストシーンを観ると、何故か泣けてくるのですが、キスシーンだけを繋ぎ合わせた映像で、こうやって言葉で書くと、何故泣けるのか説明できないのですが、映像で観ると、主人公が感じる郷愁を共感できてしまって、主人公と共に泣いてしまうわけです。
私が映画が好きな理由は、ここにあるのかな…と思います。
アニタ・エクバーグは、映像の中で永遠に美しくいられるかと思います。。ご冥福をお祈りします。。
by choco-co-co | 2015-01-12 09:11 | 映画日記

ガレットデロワ

a0159795_19151851.jpg

家から母の所に行く途中に、メゾンカイザーの店舗があって、立ち寄ると、色々な種類のパンが並び、焼き立てもあって嬉しくなってしまうのですが、ガレットデロワが売っていたので、小さいサイズを購入しました。サクサクのパイ地にカスタードクリームがほんのり入っていて、とても美味しかったです。
娘が(無理やり)ロワ(王さま)になって、めでたし、めでたし…(笑)
a0159795_19221552.jpg

フェーブは、メダル型にネコの絵が描かれていました。
a0159795_19244626.jpg

by choco-co-co | 2015-01-11 19:08

イエラ・マリ展

12日まで板橋区立美術館で開催中のイエラ・マリ展に娘と行ってきました。
a0159795_1127315.jpg

「あかいふうせん」「木のうた」は日本でも親しまれている絵本かと思います。今回は、それらの絵本の原画や、テキスタイルが展示されていて、コンパクトではありましたが、イエラ・マリという作家の世界を垣間見る事ができる展示でした。
イエラ・マリは、独学で絵本を作りました。子供たちに読ませたい絵本がなかったから、と解説に書いてありました。子供たちは、のちに絵本を制作する母の様子を、道具に拘る少々エキセントリックな人物として表現していました。
そして、1980年代にはひっそりと表舞台から姿を消してしまいます。
晩年は、野外で植物のスケッチをしたり、専門学校で教えたりしていたようです。
作品は、ミニマリズム。指紋が付かないように配慮していたエピソードからも分かるように、細心の注意をもって描かれています。虎の模様が細い線の積み重ねで丁寧に描かれていました。スケッチブックに描かれた試作の絵本や、原画は、観ていてとても美しかったです。それらは、イエラ・マリが亡くなるまで大切に保管していたのだそうです。
娘も作風が気に入ったらしく、珍しく熱心に観ていました。
a0159795_1623366.jpg

a0159795_16235069.jpg

by choco-co-co | 2015-01-10 11:24

明けましておめでとうございます

年末にわさわさと引っ越しを済ませて、サンタクロースにはとても来てもらえる状態ではないクリスマスを過ごし、段ボールに囲まれたお正月でした。
母も無事に新年を迎え、訪ねるととても喜んでくれるので、近くにいられて良かったなあ…と思っています。
私自身は、新年を迎え、すがすがしい気持ちを感じる事もなく、時間が過ぎてしまっています。
毎年、テレビで見ていた駅伝ですが、家の近くを走るので、往路復路共に旗を振って応援しました。
a0159795_10205952.jpg

見にくいのですが、角に断トツ一位だった青学の選手が走っています。
そして増上寺に初詣に行きました。
a0159795_923277.jpg

おみくじを引いたら、家族皆「大吉」で、さい先のよいスタートになりました。(凶を立て続けに引いて、それなりに落ち込んでいましたので…)
娘は、春から中学生になります。縦横に成長中で、家族で私が一番小さくなりそうです。。
このブログを御覧になった皆様も、明るく楽しい年でありますように、お祈り申し上げます。。
by choco-co-co | 2015-01-04 09:14 | 日々のこと

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧