金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Voice Calling from the Unusual

ジャック・カロ展と同時開催の展示
「非日常からの呼び声展」は、小説家の平野啓一郎氏が
プロデュースした展示で、学芸員が構成した展示とは
ちょっと変わっていて、興味深い展示でした。。

先日観た、出光の板谷波山展も
展示を手掛けた学芸員が詩人で、文学の造詣にも深くて
波山の作品を、当時の文学作品と結び付けて展示していました。
与謝野晶子の短歌の世界とか、宮澤賢治の童話の世界観と
むすびつけ、
学術的な展示方法になりがちな通常の美術展覧会が、
想像力をかきたてる様な構成になっていて
とても楽しい展覧会でした。。

で、この平野啓一郎氏が選んだ作品というのが、
何だか悔しいようなのですが、
私が好きな作品ばかりで、唸ってしまいました!
(別に悔しがる必要はないのですが、何だか・・・(笑)

モローの「牢獄のサロメ」があった時には
ノックアウト、といった感じでありました。。。。
by choco-co-co | 2014-05-15 06:00 | 訪ねた所

キトラ古墳壁画展 / ジャック・カロ展

もう一度上野に行ってきました。。

というのも、先日建仁寺展に行った帰りに
国立西洋美術館で「ジャック・カロ」の版画の展示をしているのを知って
是非行きたいと思ったからです。。

折角なので、「キトラ古墳壁画展」の
行列に並んできました(笑)
先日のまどか☆マギカ展に行ってから
行列がなんともなくなってしまったのです!

朝、娘と一緒に家を出て、
8時半過ぎには、東博に到着したのですが、
「チケットをもっていない人は
9時半から発売するチケットを買っていただいて、
その後で入場待ちの列に並んでいただきます。。
そうでなければ、公園入り口の案内所は
9時から開きますので、そちらでチケットを買って
並んでください」
と耳を疑うような(!)案内があって、
仕方がないので、公園入り口まで往復して
9時過ぎに行列に並び始めました。。
このブログをご覧になって、これからキトラにいらっしゃる方は、
あらかじめチケットを用意なさる事をお薦めします。。

朝、頑張ったせいか、開館からほどなくして
中に入れました。。
どの展覧会もそうなのですが、入り口から
何故かお行儀よく並んで観賞している人々がいて、
横目で見つつ、
あれ?これって複製でしょ?本物は何処?
と奥に進んでいくと
「こちらが、実物でございます」と
案内の人が立っていて
がらすきの部屋に
小さな壁画の破片が3つ、並んでいました。。
誰もいなかったので、単眼鏡を使って
じっくり観る事ができました。。
薄くて分かり難い部分もあるのですが、
玄武や白虎などは、よくぞ残っている、といった感じです。。
朱雀は、写真では分かりますが、実物は
かなり分かり難かったです。。
7世紀に、このような表現をしていたのは
驚きです。かなり繊細に描かれています。。
2度ほど後戻りしたあと、
本物の前にも列が出来始めたので、
複製や解説を読みに戻って、
程なく、退散しました。。
先日いらした方が、
3分900円だから・・・とおっしゃっていたのですが、
その10倍の時間はいたかと思います(笑)
a0159795_0391611.jpg

さて、東博の長い行列を横目に見つつ、
西洋美術館に移動しました。。
こちらは、最初の部屋から空いていて
気持ちよく展覧会を満喫しました!

ジャック・カロの版画は、大学の頃よく見ました。。
私は、ピエロの衣装の論文を書いていて、
カロは、
イタリアの即興喜劇コメディア・デラルテの役柄を
作品に描いているので、
何度も画集をめくった記憶があります。。
他にも、スラッシュ装飾という
衣服の布に切り目を入れる装飾が
16世紀頃から流行っていて、
カロの版画の登場人物が着用している衣装にも
施されているので、とても参考になるのです。
カロは、衣装の細部まで丁寧描いています。。
今回、少年の後ろ姿が描かれている版画があって、
彼の衣装の着用方法が面白かったです。。
ブラウスの腕を通さずに、後ろで組ませて
一種の装飾のようにして着ているのです。。
この様な着用方法が当時あったのでしょうか。。。
とても興味深いです。。
カロは、版画技法も発展させて、
画面には小さな小さな人物ながら、
活き活きとして、その表情まで分かるように
描かれているのが特徴的なのですが、
細かすぎて、単眼鏡なくてはとても観られません。。
大変疲れたのですが、時間が経つのも忘れるくらい
楽しい展覧会でした。。

ちょっと、疲れたかな・・・と
思いつつ、同時開催している
「非日常からの呼び声展」の部屋に
進みました。。。
つづく
by choco-co-co | 2014-05-10 06:00 | 訪ねた所

まどか☆マギカ展

a0159795_22582320.jpg

決して大袈裟ではなくて、
人生で初めて凄い展覧会だ!と思った展覧会に
行ってきました!

私は、学生の頃から月に3~4か所は
美術展に行っていたかと思うので、
ざっと計算しても、500くらいの展覧会には
行っているのですが、
その中で、兎に角1番吃驚した展覧会だったのです!

「まどか☆マギカ」は、
ウィキペディアなんかをみると
近年まれにみるヒットを飛ばしたアニメで
賞なんかもたくさん貰っているようで・・・
ところが、私の周りにいる人たちは
ほとんど誰も知らない、という現実があります。。。

さらに、娘がこの展覧会に行きたい、と言った時
情報がほとんどなくて、
宣伝している様子もなく
これじゃ、誰も来ないだろう・・・と
たかをくくっていたところ
トンデモナイ!
宣伝なんてしなくても、集客が見込めるという
凄い展覧会だという事を思い知らされました!

5月3日~6日まで
池袋サンシャインで催していて
私たちは、10時オープンを目指して出掛けて行ったのですが、
物凄く長い列が出来ていて、
すでに90分待ちのプラカードが掲げられていました。。。
(勿論、開催期間が極端に短いという事もあるかもしれません)
a0159795_23214089.jpg

しかも、並んでいるのは、大人だったのです!
娘くらいの子どもの姿は、ほとんどなくて、
若い男の子やカップル・・・
ごくごく普通の人たちが
文句も言わずに黙って並んでいるのです。。
流石にご年配の方はいらっしゃらなかったのですが、
私くらいの年齢の人はいたかと思います。。

どこまでもどこまでも続く列に並んで
展覧会場に入れたのは2時間後!
さらに、グッズ売り場で2時間並んで、
レジで1時間並びました。。
朝8時半に家を出て、帰ってきたのは7時近くでした!
私は、展覧会も観ず、
丸一日並んで、ご飯を食べる時間すら
ありませんでした。。
親バカでないと、出来ないワザかと思います(笑)

展覧会はどうだった?と
主人に聞いたところ
「当日券2300円じゃ、良い商売だよな・・・」と
言っておりました(苦笑)
大きなパネルとかフィギュアとかが並んでいて
写真撮影可なのだそうです。。
折角なので・・・・UPしておきます。。
a0159795_239966.jpg


a0159795_23184981.jpg


a0159795_23191195.jpg


a0159795_23193660.jpg

娘とお友達は、声優さんのトークショーにも当って
大変満喫したようです。
そうでなくては、グッズ売り場にひたすら並んでいた
私の努力が報われません!!

何がそんなに人々を引くつけるのでしょうか・・・。
本当に興味深いです。。
by choco-co-co | 2014-05-09 23:10 | 訪ねた所

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧