金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

なまいきシャルロット

a0159795_1528993.jpg

もう過ぎてしまいましたが、今年のバレンタインに
娘と無印のバレンタイン用のチョコレートキットで、
プレゼント用のチョコレートを作りました。。

当日、娘は学校から帰ってくると、
お友達と一緒に、近所に住む男の子三人に
チョコレートを配りに出掛けました。。
同じマンションに住む、上級生の女の子からは、
友チョコをいただいて、
慌てて、チョコレートを包んだりして、
慌ただしい一日となりました。。。
a0159795_18282754.jpg

最近「友チョコ」という習慣が出来て、
とても面倒臭いな・・・と思ってしまう私は、
心もオバサン化しているのかも、と思ったりしています(笑)
そもそも、バレンタインの存在すら、鬱陶しくて(笑)
主人には「変な高いチョコレート買うなら、ガーナにして」
と夢のないことを言われているし、
主人以外の男の人に「義理チョコ」を渡す必要があったりすると
面倒だと思ってしまう自分がいます(笑)

女子校に通っていたし、バレンタインなどで
盛り上がったという経験があまりありません。。
当時は、「友チョコ」などという習慣はなくて、
でも、ちょっと素敵な同性の上級生に
チョコレートをあげる・・・という風潮はありました。。

少女の頃の思い出というか、気持ちを思い出したら、
もう一度観てみたくなった映画があって、
検索してしまいました。。

クロード・ミレール監督 / なまいきシャルロット / 1985 / フランス
本題は、「L'Effrontée」(生意気娘)らしいのですが、
主演したシャルロット・ゲーンズブールが、この映画で人気者になって
邦題には彼女の名前が付けられたのだと思います。。。
なんていっても、セルジュ・ゲーンズブールとジェーン・バーキンという
ちょっと異色なカップルの子供なので、
生まれながらにして、普通の女の子ではないのですが、
その娘が、「普通の女の子」の気持ちを演じたところが
きっと好感がもたれたのだと思います。。。

この映画、監督の趣味というか・・・センスというか・・・
突っ込みたい所は沢山あるのですが、
(シャルロットを慕っている近所の女の子のルルが、
夏とはいえ、いつもほとんど裸のような格好をしているのは驚きです!)
思春期の女の子の気持ちを、とても自然にさりげなく
切り取っている所は、凄いな・・と思います。。
国が違っても、女性ならきっと皆共感できるはずです。。
「自分は他の娘たちとは違う!きっと特別な存在なんだ!」
と信じている思春期の少女が
ここから何処かに行きたい!とあがいてみたものの、
結局、ここが自分にとっては、大切で居心地の良い場所なんだと気付き、
だって、私は普通のただの女の子なのだから・・・と、
少し大人になるお話です。

若い頃観た時は、シャルロットの気持ちがとてもよく分かりました。。
私もあがいていたくちなので。。。
今一度観てみると、ルルが可愛くて。。
丁度娘の年齢に重なるので、彼女の存在の方が大きくなってしまいました(笑)
泣き虫で、一途で、ちょっと我がままで、抱きしめたくなるような存在です。。

可愛い女の子(シャルロット・ゲーンズブールは、映る角度などによって
とっても可愛かったり、不細工ちゃんだったりするのですが。。。)や
魅力的な女性(シャルロットの家の家政婦さんなど)が登場するのですが、
男性陣は、私にとっては???な人たちが多くて
今一つ魅力に欠けるのが残念です。。

この監督の作品は、実は結構観ていて
この後、シャルロットを主人公にして撮った「小さな泥棒」
(トリュフォーの「大人は判ってくれない」の女の子版と言われています)
「伴奏者」「オディールの夏」
どれも、少女の気持ちをとても上手く切り取っているかと思います。。

「なまいきシャルロット」は、エンディングがとてもよいです。。
最後に流れるクレジットタイトルの編集も良かったです。。
この映画を上手に切り取って、短く編集した感じです。。
とても軽快な歌とともに、映画を爽やかに締めくくっています。。。
・・・と思っていたら、youtubeに丁度ありました!
この曲を聴くと、とても元気になります

「なまいきシャルロット」
さて、明日も頑張ろう!
by choco-co-co | 2011-02-19 19:05 | 映画日記

お久しぶりです。。。

インフルエンザの後、鼻の風邪をひいて
歯と目と、そして胃腸の調子が悪くて悪くて、
しばらく引きこもっていたのですが、
ますます調子が悪くなってしまいました。。。
そして、追い打ちをかけるように
体重、体脂肪率共に増えて、精神的にも落ち込み、
(食欲もないのに、なんてこった!といった感じです)
さらに、ブログをUPしようとしたら、
何故か、送信の時に繋がらなくなって
(家のPCは時々繋がらなくなるのですが・・・)
失敗すること2回!!
メモ帳に記事の下書きを残しておけば良いのですが、
いつもぶっつけ本番で書きこむ為、そのショックといったら・・・。
「もう、ブログなんてやめてやる!」と
思ったりして(笑)日にちが過ぎていきました・・。

PCとかインターネットは、見なくなると
別にさほど必要なかったりするもので。。。
先日朝の番組で
「ネット依存症」の事をやっていて、
もしかして、わたしもこれかも?なんて思ったりしたのですが、
そこまで依存していないことが分かりました。。。

体重はともかく、体脂肪率は何とかしなくては、と
半身浴、軽いストレッチなどを始めたら、
少しずつ胃腸の具合も良くなりました。。。
家の近くの野菜販売所で、とても大きな大根が売っていて、
持ち帰るのが大変かと思ったのですが、
何故だか大根を煮て食べたくなったので、かついで帰りました。。
ただ輪切りにした大根を出汁でよく煮ただけのものを
朝昼晩と何日か食べました。。
すると、胃の膨満感のようなものがなくなりました。。
そういえば、母が大根にはジアスターゼという胃腸に良い成分が入っている、と
言っていたな・・・と思いだしました。。
人間の身体というのは、不思議なものです。。

私は、恐らく元来、丈夫な体を授かっているかと思うのですが、
動かさないと調子が悪くなります。。
私は15,6歳のころから、20代中ごろまで
太極拳を習っていて、
割合毎週きちんとお教室に通って、
ヨガと太極拳をやっていたせいか、
子供の頃、熱ばかり出していたのが、大人になってからは、
風邪もほとんど引かなくなりました。。。
身体も柔らかくて、その頃、とても調子が良かったのです。。
当時は気がつかなかったのですが、
ヨガと太極拳が、自分の体にとても合っていたのではないかと思います。。

シンガポールでも、ヨガをちょっとやったのですが、
身体を柔らかくすることは、自分にとって
とても大切だな・・と実感した2月でありました。。。
by choco-co-co | 2011-02-18 14:50 | 日々のこと

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧