金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

きりのなかのはりねずみ

子供向けのお話というのは
大人が観ても面白いものです。
大人も昔は子供でしたから。。。

娘は、ピクサーの「モンスターズインク」は
何十回と観ているし
スタジオジブリの「パンダコパンダ」「となりのトトロ」
「魔女の宅急便」なども大好きです。
ディズニーだったら「ミスターインクレティブル」!
これらの作品は、私も大好きです。

時々、私の趣味を押しつけていて(笑)
こんな作品も観たりします。。。
a0159795_81723100.jpg

「マドレーヌ」や「はらぺこあおむし」は、すんなり入っていけました。
ミトンやチェブラーシカは、何度か観るうちに好きになったようです。
ワニが出てくると「ゲーナがいる!」と言います(笑)

ロシアがまだソビエトだった頃
社会主義の地域で、児童文学の優れた作品が多く作られたのは
児童向けの作品は、比較的言論の自由が守られていた為だと
聞いた事があります。
優れた文学者たちは、子供向けの作品の中に
大きな思想を隠していたのかもしれません。
ロシアやチェコのアニメーションが素晴らしいのも
その為なのだと思います。
まだ若い頃、時々社会主義圏のアニメーションを特集する
映画館があって、一日中観ていた思い出があります。
今となっては、とても考えられないのですが、
時間があったのですね。
朝から、本当に夜まで観ていました。
中でも、衝撃を受けたのはユーリー・ノルシュテイン 監督の作品。
「話の話」は、3回も観に行ってしまいました!

ユーリー・ノルシュテイン 監督の作品は
他にも「きりのなかのはりねずみ」が可愛らしくて好きです。
ロシア民話をもとに描かれた「きつねとうさぎ」も
シンプルでいいです。
a0159795_8292421.jpg


何年か前まで、監督は時々来日なさっていて
何度かお目に掛かったことがあります
(単なるミーハー気分でサイン会に参加しました笑)
2回目の時は、まだ娘が赤ちゃんだったのですが
おぶって連れて行き
「今日の一番のお客さんだね」と
可愛がってくださいました。
優しい人柄が、作品にも表れているかと思います。

「きりのなかのはりねずみ」は
くまさんと一緒に星を数える為に、
夜、お出掛けしたはりねずみの子供が、森で道に迷う話です。
このDVDの中には、「話の話」も入っているのですが、
子供にはちょっと難しい内容の作品もあります。
でも、「きりのなか・・」は娘も大好きです。
a0159795_8384720.jpg


you tube で見つけました。
「きりのなかのはりねずみ」
追記
「話の話」
も見つけました!
by choco-co-co | 2010-01-17 08:39 | お気に入り

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧