金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー・ミー

昨日の昼間、テレビで「フォロー・ミー」を放送していたので
久しぶりに観ました。
片手間に観たのですが、好きな映画なので
とても楽しい気分になれました。
a0159795_1785530.jpg

フォロー・ミー/ キャロル・リード 監督 / 1972 / アメリカ
エリート会計士とヒッピーあがりのミア・ファロー演じる娘が
運命的な出会いをして結婚するのですが、
上流階級のしきたりと不在がちな夫との生活に
嫌気がさしたミア・ファローは、毎日憂さ晴らしをするかのように
朝から晩まで、出かけるようになります。
ロンドンの街を歩き回って、白鳥に餌をやったり
映画を観たりしていたのです。
そんな妻の様子を見た夫は、妻が浮気しているのではないかと
探偵をやとって、素行調査を行うのですが、
この探偵が、ちょっと頼りない、でも人のよい人物で、
ミア・ファローの後を、一定の距離をあけて尾行するうちに
二人はいつしか、心を通わせるようになります。。。
そして、探偵は夫に
「奥さんは浮気してないかもしれないけれど、ハンサムな恋人がいる」と
嘘をつくのです。
夫は、雇ったはずの探偵が妻の恋人と勘違いし、怒鳴りこむのですが、
ミア・ファローは、夫と探偵に騙された、と姿を消してしまいます
やっとのことで、ミア・ファローを探しだした探偵は
彼女がまだ夫を愛していることを知って一考を案じます。
それは、夫に今日から10日間、一定の距離をあけて
彼女の後をついていき、彼女が観るもの聞くものを共有する・・という事でした。

映画のラスト、一定の距離を保ちながら
楽しそうにほほ笑むひと組の夫婦の姿が映しだされて
ハッピーエンド。

何といっても、ミア・ファローと探偵が
ロンドンの街を歩き回って、面白い道の名前を見つけたり
美味しそうなパフェを食べたり・・・と
ロンドンガイドブックのような中盤が楽しいです。
ミア・ファローのファッションも素敵。
生まれ変わるなら、彼女のようになりたいものです。

二人は決して会話しません。
脚本は
「・・・・」
「・・・・」
が並んでいることと思います。
なのに、映像によって二人が徐々に心通わせる様子が描かれていて
本当に楽しい気分にさせてくれます。
その時に流れる、哀愁漂うのに
どこかコミカルなジョン・バリーの曲も印象的です。

大事件が起こるわけでもないのですが、
人と人との繋がり、夫婦関係について
上手に描かれていると思います。。。
a0159795_17455721.jpg

監督は「第三の男」を演出した巨匠で、
「フォロー・ミー」は、彼の遺作のようです。

「第三の男」も大好きです。
特に最後のシーン。
女を忘れられない男が、女を待ち伏せするのですが、
決して声はかけません。
女は男の気持ちを知っているのですが、
自分の恋人を死に追いやった男を許せなくて
あえて無視して通り過ぎるのです。
有名なチターの曲が流れて
何度見ても、切なくなるシーンです。

最後に、こんな爽やかな映画を作れたなんて
凄い監督だったのだな。。。と改めて思います。
by choco-co-co | 2010-01-13 16:41 | 映画日記

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧