金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

思い出

水曜日には、PTAがあって、
制服のリサイクルのアイロンがけ、ボタンつけなどの作業を
一日こなしました。。
昔取った杵柄ではありませんが、
ボタンつけは、一手に引き受けて、
取れかかったポケットの修理などもしました。。
大学に入った時には、
針に糸を通す事位しかできなかったのですが、
今では、靴下の破れを繕ったり、
スカートの裾上げなどは、
割合簡単にこなせるかと思います。。

大学受験が迫った時に
当時古文や現代国語が好きではあったのですが、
大学で学ぶ???とちょっと疑問があり
さらに、少し通わせてもらっていた
美術学校のデッサン教室では
「悪い作品の例」として
自分の作品が講評されて、かなり落ち込んで
美大の道が閉ざされ、
八方ふさがりで、大学なんかに行くもんか!!と
躍起になっていました。
そんな時に、母がふと
「将来、子供に洋服を作ってあげたり、バッグを作ってあげられるように
なったら、良いじゃない?」
と家政科を勧めてくれました。。

大学に入学したら、カルチャーショックでした!
周りの子たちは
「私、ミシン検定〇級です」とか
「自分の服は自分で作ってるの!」とか
そういうクラスメイトばかりで
クラクラしながら、ミシン、手縫いの練習に明け暮れる日々・・・
家政科を勧めた母を、多少恨めしく思ったりしながら(笑)
兎に角、一所懸命といった感じで、学校に通っていました。。
ある時、フレアスカートの実習で
裾にしっかりアイロンをかけて、細かくまつって提出したら、
先生が
「なんでも、細かく丁寧にすれば良いってもんじゃないのよ!
こんなにアイロンしっかりかけて、細かくまつっちゃったら、
スカートのふんわりした感じがでないでしょ!
手をかける所と抜く所を使いわけなくちゃ!
ここは、手をかけなくて良いの!やり直して!」
と突っ返されてしまって、泣く泣くやり直しました。。
でも、先生のその言葉は
20年以上たった今も
ずしんと心に響いています。。
今では、
「君たちなんて文学以前だ!」と
文学の講義で叫んでいた教授、
解剖学で、本物の人間の骨を見せてくださった教授、
勉強する事の楽しさを
初めて教えていただいた、服装史の我が恩師、
楽しくて個性的な友人たちを含めて、
楽しい大学生活を送れた事を
母に感謝しています。。

と、何だか思い出に浸る
感慨深い一日を過ごしたのですが、
夕方、
人参の葉っぱを、
先日のお芋と一緒に、娘と揚げて天ぷらを作って
「美味しいね~」と
調子に乗って食べすぎたせいか、
夜中に具合が悪くなって
大変な思いをしました。。
a0159795_12372019.jpg

(まさか、これが悪かったのか・・・
沢山食べた娘、チョコちゃんは特に何ともなかったのですが・・・
家政科に行ったので、調理の授業もあったのですが、
こちらは、さっぱり習得出来ませんでした(涙))

木曜日は、特に出掛ける予定がなかったので、
家で断食しながら、ひっそりと過ごしたら、
夕方頃になってお腹が空き始めたので、
一過性のものだったようです。。
今はだいぶ良くなりました。。。
昔は、沢山食べられて、
しかも沢山食べた日の翌日は、
胃が大きくなったせいか
いつもよりお腹が空いて目が覚める・・・といった感じだったのに
年にはかないません(涙)
by choco-co-co | 2013-10-25 06:00 | 日々のこと

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧