金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タイ カレン族の子供達を訪ねて・・・1

気がつけば、なんと1年あまりもこのブログを放置してしまいました。。
前のブログ「シンガポール生活」を何とか製本して、
たまりに溜まった写真を整理して、1年間が過ぎました。

この1年余りで環境も少し変りました。。
実は、娘は今年の1月に新しい小学校に転入しました。
前の小学校で何かあった訳ではなくて、
色々考えて、私の少し独りよがりであった
「自分の母校に入学させる」という夢を諦め
娘があまり楽しそうに通っていなかった塾をやめさせる為に
娘の将来を見据えた、ちょっと思いきった選択をしました。。

途中で転校させて、果たして良いものか悪いものか
葛藤はあったのですが、
当の娘が意外にあっけらかんとしていて、
新しい学校にもすぐに慣れて、
そして、学校から帰ってくれば、前の小学校の友達を
我が家に連れてきて、楽しそうに遊んでいます。。

娘にとっては、塾通いが苦痛だったようで。。。
今は、こうして良かったと思っています。。
先日、林間学校に行った時も
心の底から楽しみにしていて、
自分から進んで荷物を詰めていた
親が感心する程ポジティブな娘。
どちらかといえば、ネガティブな私から生まれてきたとは
とても思えません。。

さて、
新しい学校では、タイのカレン族の子供達の住む寮を支援しています。
毎年夏になると、その寮を訪問するのですが、
この夏休み、娘と一緒に訪ねてきました。
タイ、チェンマイから6時間余り車に揺られて
山奥にある村に到着しました。。
寮には、山岳少数民族であるカレン族の子供達100人あまりが
共同生活しながら、学校に通っています。
タイ、というと仏教国というイメージがありますが、
もともと自然信仰をしていた、ミャンマー辺りに暮らす
山岳少数民族に広くキリスト教を布教したアメリカ人の宣教師がいて、
その影響もあって、カレン族の中には、キリスト教を信仰している人たちが
割合いるのだそうです。
また、キリスト教というコミュニティに属することで
何かあった時(病気になったり、困った時に)助けてもらえる為、
キリスト教徒になる人達も多いのだとか。。
複雑な信仰心があるのかと思います。。

カレン族の寮もキリスト教の施設で、
朝5時半のお礼拝から1日は始まり
夜7時のお礼拝で1日が終わります。
a0159795_3543465.jpg


a0159795_3551198.jpg


a0159795_3553181.jpg

子供達は、明るく素直で元気で、
娘と本当に楽しい3日間を過ごしました。。
by choco-co-co | 2013-09-27 03:56 | 訪ねた所

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

タグ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧