金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

日本の型紙

国立博物館で開催中の「ボストン美術館展」。
平日に行ったので、並ぶ程ではなかったのですが、
展示室は混雑していました。
人垣の隙間から覗き見た(笑)
「吉備大臣入唐絵巻」は、まさに漫画でした!
1000年も前から、日本人は
漫画を描いていたのだから、
漫画は、立派な日本文化なのだな・・・と
思いました。
登場人物たちが、表情豊かに描かれていました。
「平治物語絵巻」は、圧倒されました。
中国絵画を研究している方が、
画面に登場する馬の目が
戦場だと狂気に満ちて描かれていて、
凄いと思った、と話されていたのですが、
そこまで、気付けなくて残念!

曽我蕭白の絵は、迫力がありました。
あまり好きなタイプの作品ではなかったのですが、
印象的です。

私が、この展覧会で心に残ったのは、
第六章「アメリカ人を魅了した日本人のわざ」と称された部屋。
刀と小袖、能装束の展示があって
特に着物の大胆な柄は、目を惹きました。。
そして、この日、そのまま
三菱一号館美術館で
「KATAGAMI STYLE 世界が恋した日本のデザイン展」を観たので、
日本のわざの素晴らしさを再認識しました。
ジャポニズムは、知っていましたが、
日本の型紙のデザインが、
19世紀、世界中に影響を与えていた事を初めて知りました。
ジャポニズムは、型紙のデザインと言ってもよいくらいで、
世界中で珍重され、
多くの美術館が、日本の「KATAGAMI」を収蔵しているのには
驚きました。
アール・ヌーヴォーのうねるようなデザインは、
確かに日本の型紙から影響を受けているようでした。

職場でご一緒していた、若い女性が、
江戸小紋の染織家になるために、今修業しています。。
厳しい世界だと思うのですが、
頑張って欲しいな・・・と思います。
by choco-co-co | 2012-06-03 08:00 | 訪ねた所

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧