金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

塩の結晶工作

「たばこと塩の博物館」で「塩の結晶工作」に参加して
星形の枠を作ったので、
家に帰って、早速結晶を作ってみました。
a0159795_862634.jpg


a0159795_87780.jpg

<用意するもの>
・アルミの針金
・凧糸(毛羽立ったものが良い)
・食塩1キロ(100円位で売っています)
・ステンレス鍋(塩で酸化して錆びやすくなるので
          使い古しの物が良いそうです)
・お水
・段ボール(発泡スチロールの箱でも良い)
・新聞紙

まず始めに、
アルミの針金に凧糸を巻いていきます。
(普通の針金だと、塩との化学変化で黒い錆が出てしまうので、
白く錆びるアルミを使うのが良いそうです。)
糸一本分、隙間を開けながら巻いていくのがコツです。
形は、星でもハートでも、好きな形で大丈夫。
この作業、娘にはちょっと難しくて、
多少私がお直しをしました。。。

さて、ステンレスのお鍋にお水と塩一キロを入れて
沸騰させました。。。(量は適当です)
a0159795_8102375.jpg

飽和食塩水を作ります。
もうこれ以上、水に溶けないくらい塩を入れて
塩がお鍋の底に残るくらい入れると出来ます。。

沸騰してくると、塩の結晶が浮いてきます!
a0159795_812013.jpg

こんな風になるんですね。
私も初めてみました。

さて、沸騰した食塩水を火から下して、
結晶をそっとかき分けて、星の枠を入れました。
a0159795_8302576.jpg

枠は、お鍋の底にくっつかないように工夫する必要があります。
私たちは、お鍋の蓋裏にくっつけてぶら下げてみました。
a0159795_814582.jpg

段ボールに新聞紙を詰めて、お鍋を保温します。
結晶は、ゆっくり冷ましながら作ると
大きく綺麗に出来上がるのだそうです。
a0159795_8163338.jpg

丸一日、この状態でそっとしておきます。。。
つい開けて確認したくなるのを、がまん、がまん・・・。
a0159795_8182273.jpg

出来あがり!!
初めてにしては、上手に出来上がりました!
娘、大喜び。
この状態で、10年くらいはもつのだそうです。

娘の自由研究の一つが出来ました。。。(ホッ・・)
by choco-co-co | 2011-08-22 08:26 | 娘のこと

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

タグ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧