金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

月光荘とデカルトの潜水夫

先日、主人がふと
「有楽町の西武が、最終セールをするみたいだよ。
90%offになるものもあるんだって~」
と、珍しく(!?)教えてくれたので(笑)
90%offの響きに惹かれて、ぶらりと銀座に行ってきました。

銀座に行くと、いつものコースというのがあって(笑)
まず、鳩居堂を冷やかして、月光荘に立ち寄りました。
昔「ザ・ギンザ」があって、今は工事中の角の
お向かいを曲がって、しばらく歩くとあります。
a0159795_7482911.jpg

小学校の頃、図画工作の時間に使っていたスケッチブックが、
ここのホルンマークのもので
随分昔から、馴染みのあるお店でした。。
こだわりのある画材屋さんです。
a0159795_753830.jpg

こだわっているから・・・・当然というか
買った商品は、袋には入れてもらえません(笑)
地階では、若い作家さんたちが
作品を展示出来るスペースになっていて、お茶も飲めるようになっています。
座って、葉書を書くこともできます。。
綺麗な色鉛筆や水彩が用意してありました。。。
1階は、画材屋さん。
ここのスケッチブックは色々持っています。
娘用に買ったもの、私の落書用などなど・・・・。
一種の郷愁なのかもしれません。。

その後、松屋に行きました。。
a0159795_7531046.jpg

こんなものを娘のお土産に・・・
「ウォーターゴースト」(デカルトの潜水夫)という名前のおもちゃ。
a0159795_7544885.jpg

水を溜めたペットボトルに、お人形を入れて逆さまにします。
それから一度、お人形を取り出して
体内に入ったお水を、体のだいたい三分の一程度になるように
減らします。。
水で一杯にしたペットボトルの中に、お人形を返すと、
ペットボトルをちょっと触るだけで
お人形がくるくる回ったり、沈んだり自由自在に動き回るのです!!
a0159795_7592972.jpg

単純なおもちゃなのですが、結構面白いです。

何故、デカルトの潜水夫などという高尚な名前(!)がついているのかというと
デカルトの考えた「浮沈子」という原理に基づいて作られたのだそうです。。
娘も喜んで見ていました。
(本当は、クリスマスプレゼントの一つにするつもりだったのですが、
私がやってみたくなって、早々にあげてしまいました(笑))

さて、その日のメインだった
有楽町西武なのですが、今一つでした・・・(涙)
一階と地階がセールのメインのようなのですが、
欲しい物がなかったです(笑)
うっかり、2個5000円!という言葉につられて
バッグを二つ抱えていたのですが、
好きなデザインでないので、我に返って手放しました(大笑)
上階のブランドのお店は、10%off程度で
これなら、年始のセールの方が安いかもしれません。。。

と、こんな感じで終わった、久しぶりの銀ブラでありました。。。
by choco-co-co | 2010-12-19 07:57 | 訪ねた所

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧