金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ネコのパラソル

娘の国語の問題に
ちょっと目を惹く文章がありました。

夜中にぼくが目を覚ますと、飼い猫のパラソルが
パパのあい用のふうとうに
たぶん台所からくすねたであろうニボシをおしこんで
ふうをしているところだった・・・
というような内容で、
出典を見ると
舟崎克彦 作 / 「もしもしウサギです」より「ネコのパラソル」
とあったので、興味を持って
早速図書館で検索してみました。。
a0159795_23573822.jpg

舟崎克彦さんのお名前は知っていたのですが、
作品を読むのは初めてでした。。
「もしもしウサギです」には
表題作の
「もしもしウサギです」の他
「なんでも電話」
「王さまだらけ」
「ネコのパラソル」
「ジタバタのたんじょうび」
短編5編が入っていました。

「もしもしウサギです」は、作者のお子さんが
公園で遊んでいて雨にふりこめられ、
やむなく電話ボックスで雨宿りしたというエピソードから発想した
物語なのだそうです。
電話ボックスで雨宿りした「ぼく」にウサギから電話が掛かってきて
不思議の国のアリスのような、ちょっとした冒険をする物語です。。
「なんでも電話」も、留守番している子供のところに
電話が掛かってくるところから、物語が始まります。。。
「王さまだらけ」は、王さましか住んでいない国で
誰が本当の王様か、競い合っているお話。
「ネコのパラソル」は、「ぼく」の飼っているネコの本当の姿を
パパもママも全然知らなくて、僕だけが知っているというお話です。
夜な夜なパラソルが人間のような行動をとって
僕はびっくりして、おもらししたり、おねしょしたりしてしまいます。。
「ジタバタのたんじょうび」は、寝床にしていた樅の木を
切り倒されてしまったジタバタという栗鼠が、その木と一緒に
冒険するお話。
結局、今まで住んでいた森に帰ってきたジタバタは、
樅の木の切り株から、芽が出ているのを見つけます。。
「・・・・・木はまた春がくれば、さいしょからやりなおしてくれるんだ」
という文が印象的でした。。。

二年生の娘にちょうど良いお話しだな・・・と思ったのですが、
娘は、一緒に借りてきた「怪談レストラン」の方がお好みだったようで・・(笑)
確かに怪談レストランも面白いからね~。。
何でもいい、ちょっとは本を読んでおくれ~(笑)

大人にも
プチフールのように読める物語だと思います。。。
a0159795_23582380.jpg

by choco-co-co | 2010-11-23 23:04 | 読書日記

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧