金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「ポーラ美術館展 印象派とエコール・ド・パリ展」

横浜美術館で開催中の
「ポーラ美術館展 印象派とエコール・ド・パリ展」を観ました。
a0159795_18365519.jpg

ポーラ美術館が所蔵する、名品74点が展示されていて
印象派からポスト印象派、エコール・ド・パリに至る流れが
とても簡潔に観ることが出来ました。。

モネ、ルノワールなどの印象派の作品は勿論のこと
ルドン、ユトリロ、マリー・ローランサンの作品、
会場の最後には、藤田嗣治の可愛い子供を描いた作品があって
とても楽しい展覧会でした。

ポーラ美術館が開館以来、門外不出としていた
ピカソの青の時代の傑作と言われる作品があったのですが、
青の時代の作品では
以前、サザビーズだったか、クリスティーズだったか忘れたのですが、
オークションに出す前に
渋谷の文化村でお披露目した
寂しい道化師の作品があって、
私の中では、あの作品が一番印象に残っています。
あの作品を、もう一度みたいです。。。

マリー・ローランサンを久しぶりに観ました。
中学2年生の時、夏休みの宿題で
展覧会を3つ観に行きましょう、というのがあって、
「マリー・ローランサン展」を観に行きました。
優しい女性たちの絵に、当時とても惹きつけられました。。
その他には、お友達と「モディリアニ展」を観に行って
根津美術館に行ったかと思います。
思えばあの夏休みの宿題から、
私の美術館巡りが始まりました。。。

写真に写っているのは、ルドンの花の絵と、
その隣りの子どもの絵は、
シャイム・スーティンの「青い服を着た子供の肖像」。
子供の不貞腐れた表情が、何とも可愛い作品でした。

特別展を見終わって
折角なので、常設展も観ました。
a0159795_18401750.jpg

横浜美術館は、常設展はフラッシュなしで撮影可なのです。。
私のように、何でも写真に撮りたい人間には、
有難いことでした(笑)
a0159795_1845695.jpg

ジョルジュ・ブラック「画架」
a0159795_18453652.jpg

ポール・デルヴォー「階段」

さてこれは、何でしょう。
a0159795_1847419.jpg

栗鼠に見えるから、凄い!

こちらは、ミロの作品「花と蝶」
a0159795_18511265.jpg

ミロの他の作品とちょっと雰囲気が違うのですが
美しい作品です。。

a0159795_1853011.jpg


a0159795_18532717.jpg


a0159795_18534273.jpg

この面白い写真は、マグリットの作品です。
絵画と同様に、シュールな雰囲気が漂っていますね。。
きっと、作品を作るために
写真も沢山撮ったのだと思います。。。

写真は、他にも「フランスの近代写真ー都市風景とポートレイト」という
写真ばかり展示したお部屋があって、とても興味深く観ました。
ナダールの作品がありました。
ナダールのポートレイトは、大好きです。
ナダールの写真は、
著名な作家、画家たちの雰囲気を生々しく伝えてくれます。
他にも、アジェ、ラルティーグ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、
などの写真もありました。
ロベール・ドマシーの裸婦像などは
柔らかい光に包まれていて、天使か妖精のように見えます。。
映画が好きなせいか、写真も好きなので
とても楽しい時間を過ごしました。。。

横浜美術館は、秋にドガが来ます。
楽しみにしています。。。
by choco-co-co | 2010-07-05 18:14 | 訪ねた所

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

タグ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧