金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

国宝燕子花屏風

根津美術館で開催中の展覧会で
久しぶりに尾形光琳の燕子花屏風が展示されています。
a0159795_8355225.jpg

お庭の杜若も少しずつ花開いています。。
まず一輪だけ咲いて・・・
a0159795_832371.jpg

今現在は、この位。。。
a0159795_834849.jpg


さて、燕子花屏風は、第一展示室の奥に
展示されています。
a0159795_8362931.jpg

よく見ると
同じ花のモチーフが繰り返し使われていることが分かります。
これは、光琳の実家が呉服商を営んでいて
小袖の型染めの方法を
この屏風でも用いたものと考えられているようです。
幾つかの花のモチーフを作って
センスよく組み合わせた作品なのです。
この屏風は、
伊勢物語の「東下り」の段
在原業平が、空しい気持ちになって、関東辺りの田舎で静かに暮らそうと
とぼとぼ旅に出る途中、美しく咲く杜若の花々を見て、
詠んだ歌
「唐衣 きつつなれにしつましあれば はるばるきぬる旅をしぞ思ふ」
を題材にしています。
この屏風には水の流れも橋も
周りの風景も一切描かれていなくて、
杜若だけ、それもパターン化された花が
金色の背景に配置されていて、
まさにミニマル・アートと言えるかもしれません。
そういう意味においては
とてもモダンな作品ではないかと思います。。。

今回の展示では
根津青山が、この屏風をお披露目する茶会を開いた時の
会記を基にした茶道具などの展示もあります。

ゴールデンウィーク中は
夜7時まで開館しています。。。
a0159795_2147199.jpg

by choco-co-co | 2010-05-01 08:29 | 訪ねた所

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧