金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

僕は秋子に借りがある

ブログでも何度か書いているのですが、
長編小説を読むのが苦手です。
読みながら、ページ数を確認してしまうのです(笑)
それから、推理小説も苦手であります。
学生の頃、赤川次郎ではなくて
仁木悦子をよく読んでいたのですが、
それ以来、
推理小説からは、しばらく遠ざかっていました。
(仁木悦子は児童文学者でもありますよね。。)

ところが、主人が森博嗣に凝って
私も読むようになりました。
「長編」で「推理小説」という条件が整っていたのですが、
何故だか読破出来ました!
犀川助教授と西之園萌絵が登場する
S&Mシリーズは、ほとんど読みました。。
主人公の二人に好感が持てたし
人間関係もさらりとしています。

今は四季シリーズを読んでいます。
これは、ちょっと奇想天外な話です。
S&Mシリーズの最初の作品
「すべてがFになる」に登場する
四季という名前の天才少女の物語。
あまりに現実離れしていて、面白いです。

そんな作者の自薦短編集
「僕は秋子に借りがある」を
移動中などに読んでいて、先日読み終わりました。
そもそもは、主人が
その中の一編である「心の法則」を
「ちょっと読んでみて」と手渡したのがきっかけでした。
意味が分からないから、私の意見を聞きたかったようなのですが、
私も「???」でした。
恐らく、数学の方程式などにあてはまる構造になっているのだと
思うのですが、本当のところどうなのでしょう。。。
主人は何故だかこの物語のおかげで
この短編集を読み進める気が萎えてしまったようなので、
私が代わりに読み始めました。。。

「虚空の黙祷者」
「小鳥の恩返し」
「赤いドレスのメアリィ」
「探偵の孤影」
「卒業文集」
「心の法則」
「砂の街」
「檻とプリズム」
「恋之坂ナイトグライド」
「素敵な模型屋さん」
「キシマ先生の静かな生活」
「河童」
「僕は秋子に借りがある」
全13編が収録されています。

全ての作品に触れると
長くなってしまうので、幾つかセレクトして・・・。
推理小説として面白いのは
「虚空の黙祷者」「小鳥の恩返し」
とくに、「小鳥の恩返し」は惹き込まれました。

「卒業文集」は、上手いな・・と思います。
こんな風に、人物や状況を表現する方法があるんだ、と
興味深い作品でした。

「素敵な模型屋さん」は、純粋なファンタジー。
森博嗣は模型が大好きなようで
現在では、小説家としては、筆を折った状態なのですが、
模型については、とうとうと書いているので、
その熱い気持ちが伝わってきました。

「キシマ先生の静かな生活」は
最後の方にさらり、と書かれた一行で
「えっ?」と思わせます。
そして、何事もないかのように
物語は終わります。。。

表題にもなった
「僕は秋子に借りがある」は
僕と、秋子という突拍子もない、でも素敵な女の子との
一瞬の触れ合いを描いています。
二人の出会いには、
二人の共通する思い出が関わっていて、
それに気が付けなくて
彼女を少し鬱陶しくさえ思ってしまった自分を
とても後悔する話。
キャラバン・シューズを履いて
三十キロの道のりを
一晩中歩いて僕に会いに来た秋子は、
とても美しい存在だ、と作者が書いているのが
印象的です。
秋子の存在をとても切なく描いています。。。
「僕は秋子に謝りたい」とか「ごめんね。秋子」という
題名ではなくて
「借りがある」という言葉は、飄然としているようでいて、
でも、
秋子の気持ちに報いる事が出来なかった
僕の遣る瀬無さが伝わってきます。。
a0159795_113880.jpg

by choco-co-co | 2010-03-26 19:52 | 読書日記

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧