金烏玉兎(きんうぎょくと)


月日のことをのんびりと
by 木ねずみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

雛人形

2月に入って、暖かくてお天気の良い日に
雛人形を出しました。。

こちらは、母が私と妹に
一つずつ揃えてくれた親王飾り。
私が立雛で妹が坐雛。
奈良一刀彫のお雛様も
私のは立ち姿で、妹のは坐っています。。。
a0159795_14513787.jpg

シンガポールにいる間、
一度もおもてに出してあげられなかったので、
3年ぶりに陽の目を見られたお雛様です。

こちらは、大人になって私が買った
アンティークのお雛様
昭和初期のものだとか。。。
a0159795_14595535.jpg

奥に見えるのは、菱の実で作られたお雛様です。
転勤で福岡に暫く住んでいたお友達が、
家で飾っているのを見て
「何処で手に入れたの?」と聞くと
福岡でこのお雛様を作っている人がいて
とても気に入ったので
わざわざ工房まで足を運んだのだとか。。。
的場 筑公水 という方の作品で
住所を聞いて、私も取り寄せました。
それ以来、毎年小さなお雛様を送ってくださいます。
a0159795_154924.jpg


a0159795_1544948.jpg

近くの小学校で、菱の実のひな人形作りの指導をなさっているのだそうです。
自分でお雛様を作るなんて
良い思い出になりますよね。。。

さて、こちらは折り紙で出来たお雛様。
a0159795_15131139.jpg

祖母の女学校の頃からのお友達が作ってくださいました。
祖母が亡くなって、それから暫くして
その方もお亡くなりになったのですが、
こうして眺めると、祖母の事、その方の事など
懐かしく思い出されます。。。

毎年、お雛様を出しながら
みんな色々な記憶を蘇らせているのかもしれないですね。。

こちらは、確か国立博物館で展示があった享保雛。
a0159795_15291655.jpg

江戸時代に流行したお雛様です。
丸みがあって、確かサイズも大きくて
とても気に入りました。
以前、国立博物館に行ったときに
たまたま常設の方でお雛様の展示があって、
見たような記憶があります。
本物は手に入らないので、絵葉書を飾っています。。(笑)

この葉書では、女雛が左手、男雛が右手側に
座しているのですが、
お雛様の方から見ての位置なのだと思います。
屏風なども、向かって右側を左隻、左側を右隻というのと
同じなのかと思います。
現在では、向かって左が男雛、右を女雛とするのが
一般的なようです。

寺山修司の映画で
川を雛段が流れるシーンがあって
何だかシュールな感じがして
強烈に印象に残っているのですが、
普通にお雛様を見る場合には、
小さい頃の楽しい記憶が蘇って、
あたたかな春の訪れを感じさせます。。。
by choco-co-co | 2010-02-24 15:23 | お気に入り

ブログパーツ

最新の記事

セントル ザ ベーカリーの食パン
at 2015-04-20 21:22
ミッフィー展
at 2015-04-19 17:52
maison landema..
at 2015-04-18 11:42
ニコライ・バーグマン ノム
at 2015-04-18 11:16
硝子のアウトレットセール
at 2015-03-27 13:44

最新のトラックバック

ライフログ

メモ帳

川崎
旅行口コミ情報
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧